それなりに頑張ったから書きたいこと

婚活をして結婚しました

愛想の話

 
 

「婚活なのに愛想ない人多いよね」

私が婚約した頃に妹も婚活を始めたので色々話したのだけど、これはすごく「わかる!」ってなりました。
婚活していて常々思っていたことです。
他人に愛想振りまくなんて媚びてるみたいでごめんだ!という人に対しては、「だったら人からも優しくしてもらえると思うなー」なんて思ってしまいます。
 
私は婚活最後の半年ほど結婚相談所に登録していたのですが、お見合い場所は相談所がセッティングしてました。
大体ホテルのラウンジが多かったです。
そして休日のちょうどいい時間だったりすると、そのラウンジの半分以上がお見合いの人たち・・・なんてことがあったりしました(笑)
 私もあんまり周りの人を見てる余裕はなかったですが、相手を待ってる時とか帰る時なんかにちらっと見ると、お見合いなのに無愛想にしてる女性が多かったです。
相手の顔も見ず下向いてたり、よそ向いてたり。
明らか機嫌が悪そうな人もいたりしました。
人事ながら「なんでそんなに無愛想なの?」と不思議に思ったものです(真面目な話をしていた人もいたでしょうけれど)
 
私は行ったことがないのだけれど、相席バーというところに妹が行ったとかで話を聞きました。
女性の飲食代は男性がもち、時間で人が交代していくというシステムで、お互い気に入ればその時間内に連絡先を交換するという仕組みだそう。
その時妹はやはりまわりの女性たちの愛想のなさにびっくりしたそうです。
おざなりに相槌をうって(相槌すら打たない人も)にこりともしない人もいるらしい。
早くどこか行けというオーラを出してる人も結構いたらしい。
そりゃ好みじゃない人もいるだろうし、微妙な人も多いとは思います。
妹も「ずっと知り合いの自慢話ばっかりする人とかいて辛かったよー」と言っていました。
でもだからと言って知らない人と話すという場所に来てるのにその態度はどうか?と妹は思ったそうです。
 
 自己中心的な考えからくる無愛想

誰構わず愛想よくする必要はないと思うけれど、今いるのは婚活の場なわけですよ。

笑顔や相槌を興味ない人にするのなんて媚びてるみたいで嫌!っていう人もいるけど、正直それが出来ないなら婚活してもかなり大変だと思うんです。

なぜなら完全に「自分」中心な振る舞いだから。
初対面の人と話すのに愛想がないとか機嫌が悪そうって本当に印象悪いと思います。
そしてそんな感じ悪い人と時間内話していなきゃいけないとか、自分だって嫌じゃないですか?

「自分が」気に入らないなら相手に嫌な気持ちをさせてもいいって思ってる。
「自分が」愛想を出す価値があると認めた人なら愛想よくしてあげてもいいよ!と思ってる。
もしくは初対面でも愛想のない自分を認めてくれるような人じゃないと「自分が」疲れるから嫌だ、と思っている。
こういう気持ちがあるから、初対面の短時間しか一緒にいないような相手に、そんな失礼な態度取れるんだと思います。
「短時間しか会わない、もう二度と会わないような人に愛想振りまきたくない」という省エネ思考して実践してると、多分実際に必要な時に愛想なんて出来ないと思います。
わざとらしく媚びになるとか、うまく笑えないとか、そんなふうになってしまいませんか?
すごく好みの人が、他人に失礼な態度とってる貴方を離れた所から見てるかもしれないですしね。
 
そしてそんな自己中心的に考えている人が、今回の人はあまり話さなくてつまらなかった、気が利かない人だった、と話しているのは矛盾ですよね。
他人に優しくない貴方が、なぜ他人には優しくもてなされると思うのか?
性格のいい人に選ばれると思えるのか?
それが不思議でなりません。
 
愛想は人のため、そして自分のため
自分は女なので、女性側に関して書いたけれど、男性も同じだと思います。
愛想というのは媚びではありません。
もちろん自分を感じよく見せるものなのでそういう面はありますが、それ以上に相手に対しての気遣いでもあるのだと思います。
そういう気遣いを短時間ですら出来ないのであれば、婚活しても成果は出づらいのではないでしょうか。
たとえその時の相手があまり好みではない人であっても、数時間の短い間だけです。
相手を思いやる気持ちをもって接してみて下さい。
そしてそれを続けてみて下さい。気づくと出会う異性の雰囲気も少しずつ変わってくるはずです。
優しい貴方に、優しくしてくれる人が増えるかもしれません。
人を気遣うということは、自分にも返ってきます。
愛想は人のためであり、自分のためにもなることだと思うのです。
 
 
 
 

f:id:kaze_neko:20170224125115p:plain

 

 

 

 よかったらクリックしてくださいね

 にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

婚活をすることにしたのは

 

私はオタクです。


大学時代からの友人達に恵まれ、好きなことを女同士でワイワイ楽しんでいました。


趣味を通じて男性と知り合うこともあったし、告白されたりもしたことがありましたが、付き合うことはありませんでした。
ちょっと変わった男性に好かれて怖い思いをすることもあり、男性はあまり好きでなかったし、やりたい事があったので、彼氏が欲しいと思えなかったのです。

友人たちも彼氏がずっといない人か、旦那がいる人の二極化していて、恋愛の話はまず出ませんでした。
私も含め、みんな女性だけの状態がよいと思っていたようで、誰かを紹介するという話も一切なし。
「結婚できなさそうだから、みんなでシェアハウスしようー」なんて冗談で言い合ってるような感じだったし、まわりが全員そういう雰囲気なので焦りもなかったです。

私はずっと彼氏がいない側で、友人たちと楽しく趣味に没頭していました。結婚は「いつか」したいと思っていたけど、自分の生活に「恋愛」って全然必要ないと思っていました。

オタク趣味だけではなく、アウトドアやスポーツ、展示会やイルミネーション、なんでも興味があるものを見つけたら、友人達に声をかければ一緒に行こう!となるので、「カップルで行くようなところみんな行ったね」なんて話たりしました。


でも20代後半の頃に私は少しずつ「このままでいいのだろうか?」と思い始めました。

このまま自由気ままに好きな事だけして、自分の楽な方へ流されてる状態は、ずっとは続かないよね?と薄っすらと遠くからやってくるかのように不安が見え始めました。


私は実家暮らしだったのですが、趣味のものに囲まれた心地よい自室にいるのにふと「私はここにずっといるのかな、いやいられないだろう」という考えが浮かんでくるようになりました。
また子どもが欲しいという気持ちは以前からあり、このまま周りが「いいよね」という空気だからと、それに浸って安心していたら私は後悔するのでは?と気づいたのです。
「この楽しいまま時が止まればいいのに」そんな風によく思いました。そのくらいとても居心地のよい毎日だったんです。

でも、時は進むしどんどん私も親も歳をとります。このままではいられなくなる時がくるのはわかりきっているんです。


彼氏が欲しい旦那が欲しいとは、この時もそんなに積極的には思わなかったのですが、それでも子どもが欲しいと思うのなら、動き出さないとと自分の年齢を考えて改めて思いました。


後に婚約してから下記の記事を読んだのですが、それまでの自分はまさにこの記事の通りだったかも?と思いました。
日々充実してた「マイペース喪女」が、アラサーでことごとく闇堕ちしてる件

闇落ちの部分はそういう状態になっていないし、私の周りにもそういう人はいないのでわかりませんが…(みんな今も趣味を全力で楽しんでます)

前半のところは自分にも、友人たちにもすごく当てはまると思いました!

 恋愛は入る余地がなかったのです。


私の場合はここに「子どもが欲しい」という欲求があったので、自らこういう状態に気づいて、みんなが良くても私は自分の望みのためにはこれではダメだと思って動き始めたのですが、それがなかったらそのままだったかも?
きちんと意識が変わったのはだいぶ後でしたが、この時はとにかく「何もしないままはダメだ」という漠然とした不安に駆られ、まわりを誘ってこの時流行り始めていた街コンへ参加することにしました。

これが初めての私の婚活です。

 

 

 

 

f:id:kaze_neko:20170224125115p:plain

 

 

 

よかったらクリックしてくださいね

 にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

 


 

 

婚活を少しでも考えたことのある人へ

<かなり前に、そのうち結婚したい、婚活もしないといけないと思ってるんだけど…と言う知り合いと話した後に勢いで書いたけど、そのままになっていたのをせっかくだから載せておこうと思う>
 
 
 
結婚はする気はない、もしくは婚活で出会うくらいなら結婚しない、と本心で思ってる人は関係ない話です。
 

「婚活する勇気ない、どうすればいいかわからない」

「婚活とか出会いを探すなんて必死ぽくて恥ずかしい…でもホントはしたい」

「今が楽しいから面倒くさいけど、いつか婚活するかも」
 


こんな風に選択肢の1つに婚活をほんの少しでも考えてる人へは

「いいからとにかく動くんだーーー!!!」

と言いたい。

 
女性は特にだけど、はっきり言うと「年齢」が婚活ではめちゃくちゃ大きいステータスなのだ。
言われなくてもそんなことわかってる、と思うかもしれないけど、婚活は多分あなたが思っている以上に年齢!なので!
自分も実際活動してみて、身にしみて実感したのでここまで力を込めて書いてしまってる。
 
20代前半とかの人ならこんな感じでもまだ全然いいと思います。
でも気になるなら早いうちがいいよ、とは伝えたい。
20代後半、30代に入ってる人、四の五の言わずにやれーー!と伝えます。
時は止まりません!迷ってたり今が楽しいからなんて言ってる場合じゃないです。
恥ずかしいなんて感情で時を無駄にしたらだめだー!
趣味など楽しむのは大いに結構!
楽しみながら婚活も同時にしてください!
 
スマホ、もしくはPCでパーティでもネット婚活サイトでも結婚相談所でも検索してみてください。
パーティは好条件のものは大体年齢制限かかってて入れてすらもらえない。
ネット婚活は条件検索で年齢ソートされて、プロフィール表示すらしてもらえない。
結婚相談所でも年齢で、会う前に候補から外される。
 
 
年齢が1番の重要事項じゃない!人柄が大事だ!相性がよければ年齢関係ない!と思いますよね?
自分もそう思います。会って話してみればわかる、とかそういうふうに思うんですよ。
実際会えれば確かに年齢関係なく素敵な方はたくさんいらっしゃると思います。
でもですね、婚活に関して言えば、もう圧倒的に会える人数が変わってくるんです。
わかってもらえる以前に会えないんです。
年齢と外見で選ぶなんて…と思っても物理的にそうなるんです。
 
検索ツールがあるとして、ものすごい人数から何人か絞ろうとしたとき、年齢って必ず入れますよね?
自分だったらどのくらいの幅でいれます?
貴方が入れる年齢層の人たちは全員貴方の年齢を含んで検索してくれそうですか?
全部自分だったらどうソートかけるか、をシミュレーションしてみてください。
女性の場合は年収での選別がゆるい代わりに年齢で選ばれる範囲は男性よりもかなり狭いです。
異性側に立った時に、貴方は相手の検索結果に表示されましたか?
 
内面を見るのはこの検索結果に表示されて、その後なんです。
そこから更に外見はどうか、性格が合うか、そうやって絞られます。
 
婚活されてる方には素敵な方がたくさんいます。今はカジュアルになってきているので以前より婚活人数も多いです。
だからこそ、更に細かく条件で絞り込むことをするんです。
 
今より早い時はありません。
闇雲に活動しろとは言いませんが、動き始めてすらいないなら、少しは焦ってー!
婚活を少しでも視野に入れているならば、素敵な人と出会う機会を少しでも増やすために、いますぐ動き始めて!
その婚活合うか合わないかはその後でもなんとかなる。
合わなかったら違う婚活やってみればいいだけだし、後から婚活自体やめることもできる。
まずは勇気出して!
 
 

 

それなりに頑張ったから、書きたいこと

婚活をして、去年結婚しました。

正直一昨年の今頃は結婚なんて本当に出来るのかと思っていたし、私は誰かと一緒に暮らすなんて無理なんでは、と考えてました。

私が婚活始めたのはもう5年くらい前で、最初の3年くらいは2、3回婚活パーティー行っては半年とか1年休むを繰り返していたから、本腰入れたのは4年目くらいから。

本腰入れてからは、自分のそれまでの考え方からかなり変化があった気がしていて、それが良かったのかなと思っています。
それなりに頑張ったから、せっかくだから思った事とか考えたことを書いていきたいと思ってます。
偉そうな感じになることもあるかもしれませんが、あくまで私が実際に試行錯誤したり悩んだり、実感したことを書くので、この人はこんな風に思ってるんだなーくらいに思ってもらえれば。

よろしくお願いします。